アジャイル関連サービスのご紹介

株式会社アトラクタにて提供しているアジャイル関連サービスについてのご案内です。ご不明な点がありましたらお気軽にお尋ねください。

1. アジャイル開発関連サービスのご紹介 2018年10月 株式会社アトラクタ http://www.attractor.co.jp info@attractor.co.jp
2. 株式会社アトラクタのご紹介 ✤ 開発プロセスに関するコンサルティングやトレーニングを提供 ✤ ✤ アジャイル開発 / DevOps / チーム育成 / クラウドコンピューティン グ / ドメインモデリングなどが専門領域 https://www.attractor.co.jp/
3. 原田騎郎 (Harada Kiro) 永瀬美穂 (Nagase Miho) 吉羽龍太郎 (Yoshiba Ryutaro) Founder 兼 CEO Founder 兼 CBO Founder 兼 CTO アジャイルコーチ、ドメインモデラ、サプ ライチェーンコンサルタント。認定スクラ ムプロフェッショナル。 外資系消費財メー 受託開発の現場でWebアプリケーションエ クラウドコンピューティング、DevOps、イ ンフラ構築自動化、アジャイル開発、組織 カーの研究開発を経て、2004年よりスクラ ンジニア、プロジェクトマネージャーとして の経験を重ね、2009年頃より所属組織での 改革を得意とする。Scrum Alliance認定チー アジャイルの導入と実践を通じ組織マネジ メントを行う。現在は顧客へのアジャイル 導入支援、教育研修、コーチングをしなが ら、大学教育にも力を入れている。産業技 術大学院大学特任准教授。筑波大学非常勤 講師、琉球大学非常勤講師。 ムコーチ(CTC) / 認定スクラムプロフェショ ムによる開発を実践。ソフトウェアのユー ザーの業務、ソフトウェア開発・運用の業 務の両方を、より楽に安全にする改善に取 り組んでいる。Scrum@Scale認定トレー ナー ナル(CSP) / 認定スクラムマスター (CSM) / 認定スクラムプロダクトオー ナー(CSPO)。Developers Summit 2016 ベストスピーカー(1位)。青山学院大学非常 勤講師
4. 弊社メンバーによる著書・訳書のご紹介
5. 1. アジャイルコーチング ✤ 現在既にアジャイル開発を行っている/またはこれから導入される現場向 けに以下のような支援(抜粋)を提供します # 内容 説明 1 アジャイル関連取組全体への支援 会社や組織内でのアジャイル開発推進活動全体にフィードバックを提供します 2 現場メンバーのコーチング アジャイルチームに同席し、適宜コーチングやティーチングを実施します 3 現場の改善活動の支援 5Sをはじめとした現場での改善活動にアドバイスを提供します 4 各種会議のファシリテーション支援 スクラムイベントに同席してファシリテーションやフィードバックを提供します 5 プロダクトバックログ等の成果物のレビュー プロダクトバックログを一緒に作成したり、作成結果をレビューします 6 カンバンなどによる見える化支援 進 7 バージョン管理システム定着支援 gitなどのバージョン管理システムの利用方法、ブランチ戦略策定を支援します 8 テスト自動化やCI/CDの方式策定支援 テスト自動化やCI/CDの方式決定を支援したり、テストコードをレビューします 9 経営・マネジメント層に関係する支援 組織設計、組織改善、リスクマネジメント等を支援します その他ミニトレーニングなど その他必要に応じて個別テーマのミニトレーニングを提供します 10 状況や問題点などの見える化を支援します
6. 1.2 ご支援例 ✤ ✤ プロジェクト立ち上げタイミングでトレーニングを実施(後述) その後、1か月程度をかけて開発作業開始前の準備作業を実施。当該期間 は週2回程度ご訪問し必要なスキルをトランスファー ✤ 開発開始後は、習熟度合いに応じて回数を減らしながら継続的にフォロー ✤ 平均的なご支援期間は3か月∼半年程度
7. 1.3 ご支援時間割の例(スプリント開始後) 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 1日目 9:00 10:00 前スプリントレビュ ー 11:00 (初回はなし) バックログ手入れ バックログ手入れ 今スプリントレビュ ー 12:00 13:00 ふりかえり (初回なし) デイリースクラム (毎日同じ時間に同じ場所で。朝である必要はなし) ふりかえり 14:00 15:00 今スプリント計画会 議 次スプリント計画会 議 16:00 17:00 赤枠内が1スプリント(1週間スプリント)。項目は定形イベント。黄色のタイミングを中心にご訪問
8. 1.4 費用例 ✤ 後述のサービス提供価格表に基づいた従量課金となります ✤ 目安としてコーチング費用は月間30万円∼200万円(+税)となります ✤ あらかじめ予算の上限を双方で合意し、それを超えることはありません ✤ 契約形態は準委任型となります。成果物のご提供を約束する契約(請負契 約)は致しかねますので予めご了承ください
9. 2. アジャイル開発トレーニング 研修風景 アジャイル開発は本を読んだだけで理解し実践でき るものではありません。 本トレーニングでは講義に加えて、実際にさまざま なワークショップに取り組んでいただきながら スクラムに必要な要素を体験し習得いただくことを 目指しています (コースは1日コースと2日コースがございます。内容 のカスタマイズも承ります)
10. 2.1 スクラムトレーニングのタイムテーブル(1日) ✤ 10:00-10:20 前説・チーム分け ✤ 10:20-11:00 アジャイル開発の基礎 ✤ 11:00-12:30 アジャイル開発体験ワークショップ ✤ 12:30-13:30 昼食休憩 ✤ 13:30-14:50 スクラム全体の流れ ✤ 14:50-16:00 スクラムチーム ✤ 16:00-17:10 プロダクトバックログ ✤ 17:10-18:00 質疑応答 研修風景
11. 2.2 トレーニングテキストイメージ
12. 2.3 お客様の声 ✤ 端的に言ってしまうと、1日の研修なのにかなりの再発見があったなぁと感じました ✤ 丸一日の講義で、普段使わない部分の頭を使い疲労も感じましたが、飽きずに聞くことができました ✤ スクラムの断片的な方法論は知っていましたが、そこに根ざすマインドを理解することが出来ました ✤ なぜスクラムがあのような形式であるのかが、腹落ちしました ✤ 試行錯誤しながら実践していましたが、今まで正しく理解できていなかった点がしっかり整理できて 良かったです ✤ アクションがどんな事実を引き起こすのか?というところに終始注目してご説明いただけた事が、大 きな納得につながりました ✤ 本やオンラインで見聞きして知っているはずの情報も、いざ自分自身で体験してみるとまったく頭に 入っておらず、実践の大切さを実感した一日でした ✤ 質疑応答も、とても質の高い回答を頂き、スクラムへの理解が深まりました
13. 2.4 トレーニング実施のステップ STEP 1 要件確認 ! STEP 2 お見積り・ご発注 " STEP 3 STEP 4 会場手配・備品準備 トレーニング実施 # $ STEP 5 フォローアップ % 研修内容のご説明、期待 お打ち合わせの内容を受 貴社に研修実施スペース トレーニングを実施いた 必要に応じて研修後にメー 値の確認、カスタマイズ けてお見積書をPDF形式 がない場合は外部の会議 します。予め会場に備品 ルやチャットツールを使っ 催場所、人数などの確認 はメールでご表明くださ また当方からご用意頂く 了後速やかに電子媒体で に対応いたします 備品をご案内しますので 研修資料等をご提示いた の要否、実施希望日、開 で発行いたします。発注 をさせていただきます い。支払条件は研修実施 月の翌月末までの振り込 みとなります 室などをご用意ください。 を搬入ください。研修終 準備をお願いします します て研修内容に関する質問
14. 3 サービス提供価格 サービス提供価格(1回)は以下の通りです。使った分だけお支払い頂く従量課金となります 社内講演など コーチング半日 コーチング一日 トレーニング 10万円 (1回) 15万円 (1回) 25万円 (1回) 60万円∼ (1回) 社内で相談会などを実施する際 プロジェクト支援やコーチング プロジェクト支援やコーチング 20人∼40人程度の方向けにア にスポットでご利用いただけま で半日ずつ複数回訪問するプラ で複数回訪問し終日常駐するプ ジャイル開発をはじめ各種トレ す ンです ランです ーニングを提供します 稼働時間: ∼2時間 稼働時間: ∼3時間 稼働時間: ∼7時間 稼働時間: ∼7時間 平日8時∼18時 平日8時∼18時 平日8時∼18時 平日8時∼18時 都内・神奈川・埼玉 都内・神奈川・埼玉 全国各地 全国各地 費用に交通費は含まれます 回数により費用応相談 回数により費用応相談 地域によって諸経費あり 訪問日以外のメール・チャット 訪問日以外のメール・チャット 終了後一定期間メール対応 対応有 対応有
No comments...
株式会社アトラクタ Founder & 取締役CTO クラウドコンピューティング、DevOps、インフラ構築自動化、アジャイル開発、組織改革を中心にオンサイトでのコンサルティングとトレーニングを提供。認定スクラムプロフェショナル(CSP) / 認定スクラムマスター(CSM) / 認定スクラムプロダクトオーナー(CSPO)。Developers Summit 2016ベストスピーカー(1位)。

Related Slides